admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐はひとり、秋風に歌う。

きっかけは偶然の出会い
差し伸べた手は無碍もなく払われて
悲しい戦いがはじまりました

狂った心を醒まさせる術は
本当にもう潰えたのでしょうか

霞んだ真実
その全てを知ることはできないけれど
いつかきっとあの人のもとへも
平和を願う声が届くと信じてる


押さえ気味ではあるけれど良く響く澄んだ声で、ゆったりと紡がれる言の葉。
ハミングしながら、彼女はふと、鞄の中に潜ませていた小さなポーチに視線を落とした。
ポーチの中に入っているのは、鳥の形をした笛の玩具と綺麗な桜色の貝殻。
この夏の、大切な想い出の欠片達だ。

………どうか。
皆様がご無事でありますように………。


ぽつんと、呟くように。
二つの宝物を見つめながら、嵐は歌の終わりを祈りの言葉で締めくくった。


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c. Image by mi104c. LittleEden.
Copyright © 2017 Alba ~夜明けの歌~, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。